アンテナの取り付け時に必要なもの【各アイテムの役割】

見たいテレビ番組が地上波では放送していない!そんなときは……

アンテナ取り付け以外にも必要なものがある

取り付けたいアンテナの種類が決まったら、実際にアンテナの取り付けを検討しましょう。アンテナ取り付けを業者に依頼する場合、専門スタッフがどのような作業をするのかを把握するために、アンテナ取り付けの際に必要なものをここで勉強しておきましょう。

BSやCSを視聴するために必要なもの

アンテナ
アンテナ本体は、受信する上で最も重要なものです。購入する際は、自分が受信したい放送に対応しているかどうかしっかり確認しておきましょう。もちろんBS・CSの両方に対応しているものを選んでも問題ありません。
ケーブル
アンテナとテレビを繋ぐためのケーブルです。衛星放送用のケーブルにはたくさんの種類があるので、自分で購入する際は、取り付けるアンテナに対応しているものかどうかしっかりチェックしておきましょう。
B-CASカード
テレビやレコーダーなどに挿入するカードで、このカードが対応機器に挿入されていないと衛星放送の受信はできません。
チューナー
チューナーが必要となるのは、チューナー内臓のテレビを利用していない場合です。内蔵されていれば購入する必要はありません。チューナーを購入する場合、BS放送とCS放送のどちらかの受信するのであればそれぞれに対応したチューナーを、両方を受信するのであれば衛星放送チューナーを(高画質衛生チューナー)を用意します。

アンテナ取り付け以外にも工事が必要

女性

家の立地条件によっては、上で紹介したもの以外にもいくつか必要なものが出てきます。分配器はその1つです。分配器は、複数のテレビで衛生放送を受信するときに使います。ただ、分配器を使って受信した電波を複数のテレビに分配したとき、テレビに送信する電波が弱くなってしまいます。そこで必要となってくるのがブースターというアイテムです。これを使えば、受信した電波を増幅することができます。